シミ・クマ・色ムラを自然に隠す!厚塗りにならないアイテム選びと使い方

  • ファンデ
  • カバー力
  • コンシーラー
  • クッションファンデ

メイクでどうにか隠したいシミやクマ、色ムラ。上手に取り入れたいのが、カバー力の高いファンデーションやコンシーラー、コントロールカラーです。自然に仕上げるコツは、適材適所を見極めること。悩みに応じたアイテムの選び方・使い方をご紹介します。

シミやクマ、色ムラをしっかりカバーしたいけど、厚塗りに見えるのはイヤですよね。コンシーラー、コントロールカラー、カバー力の高いファンデなど、たくさんのアイテムがあります。それぞれの特徴を押さえて、ナチュラルなのに明るい美肌をつくりましょう。

適材適所が決め手のコンシーラー

コンシーラーは悩みに合った色、硬さ・柔らかさで選ぶのがポイントです。

濃いシミ・ホクロ

ペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。密着力に優れていて、濃いシミをピンポイントでカバーできます。ただし水分・油分が少ないので、乾燥しやすい目もとは避けてくださいね。


1. 肌の色より暗めの色を選ぶ
2. 塗りつぶすのではなく、ポンポンと叩くようにつける
3. 指先でトントンなじませる

薄いシミ

適度な油分を含み、密着力も高いクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。大きめのシミもカバーしやすいですよ。


1. 肌の色に近い色を選ぶ
2. ブラシにとって、シミより2まわり大きく塗りつぶす
3. 外側を指先でぼかして、肌色となじませる

クマ

よく動かす目もとなので、テクスチャーが硬いとヨレやすくなります。水分を多く含んで柔らかい、筆ペンタイプのコンシーラーがおすすめです。


1. 肌の色より明るめの色を選ぶ
2. クマの部分に3~4本斜線を引く
3. 指先でトントンなじませる

色ムラにはコントロールカラー

赤みやくすみなどの色ムラには、色を補整する下地(コントロールカラー)がおすすめです。

グリーン

赤みを補整するカラー。気になる部分にだけ使いましょう。

ピンク

血色が悪いときにおすすめのカラー。色白の肌によくなじみます。

イエロー

日焼けなどでくすんだ肌を明るく補整します。


でも毎日のメイクは、なるべく短時間ですませたいものですよね。カバー力が高いファンデーションにも注目してみましょう。

1つでカバー力もツヤも満たすクッションファンデ

クッションファンデは、パウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデのツヤ感をイイトコどりしています。さらに、カバー力を生む「粉」をほどよく含むのも特長。肌にピタッと留まり、薄づきなのにコンシーラー級のカバー力があるんですよ。


○色が合わず悪目立ちすることがない
○使う部位を選ばない
○ポンポン叩くだけでムラなく塗れる


といった、使い勝手のよさも◎。

優れたカバー力をもつアイテムでも、間違った色や使い方では、効果が半減してしまいますよね。無理なく手軽に使えるかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

おすすめアイテムのご紹介

Aluce luce クッションファンデーション

SPF50+ PA++++
ナチュラルベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルオークル02(健康的な肌色)


シミ・クマ・色ムラをしっかりカバーするのに、薄づきで自然なツヤ肌に。日焼け止め、化粧下地、コンシーラーの役割も果たす、クッションファンデーションです。
カバー力を高める3つのパウダーを配合。1度塗りでもパッと明るい肌に仕上がります。

■ソフトフォーカスパウダー

光を乱反射させて、ライトを当てたようにシミや毛シワ、毛穴をカバー。

■高密着パウダー

肌にしっかりフィットして、つけたての美しさをキープ。

■Sebumジェルパウダー

皮脂を吸着し、肌に密着させる化粧膜につくり変えるパウダー。テカリ・ヨレをブロック。


ベビーコラーゲンEX*1やオーロラヒアルロン酸*2、シフォンセラミド*3をはじめ、成分の約70%が美容液成分*4。メイク直しのたびにうるおいをチャージします。

1 銀座ステファニー化粧品独自開発成分(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP(保湿成分)
*4 精製水を含む

オフの日もナチュラル美肌!がんばりすぎない休日メイクHow to

  • 休日メイク
  • ベースメイク
  • クッションファンデ
  • リップ

肌をきれいに見せるだけでなく、外部刺激から肌を守ってくれるファンデーション。お休みの日はメイクがちょっと面倒ですが、多機能なクッションファンデがあると便利です。がんばりすぎない休日メイクのポイントをご紹介します。

オフの日は肌だってリラックスしたい!でもすっぴんだと、近所のお散歩や買い物に出かけにくいですよね。がんばりすぎないメイクで、気分もフットワークも軽やかに過ごしませんか?

休日メイクにはクッションファンデが便利

クッションファンデはパウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデの仕上がりをイイトコどりしたファンデーション。パフでポンポン叩くだけで、簡単につけられます。

日焼け止めと化粧下地の役目も果たすから、がんばりたくない休日メイクにぴったり。スキンケアの後は、クッションファンデ1つでベースメイクが完了します。(ただし外出時間が長い日や春夏は、日焼け止めをつけてくださいね)

美容液の効果があるものなら、エアコンの乾燥からも守ってくれますよ。

「塗ってます感」のないクッションファンデの塗り方

ファンデを顔全体に均一に塗ると、厚塗り感が出てしまいます。休日メイクに限らず、ファンデはメリハリをつけて塗るのがポイントです。


1. 面積の広い頬からスタート。目の下の逆三角形ゾーンを中心に、パフでポンポンなじませる。
2. ファンデをつけ足さずに、Tゾーン→目もと→口もとにポンポン。
3. フェイスラインは、ごく薄塗りに。1のファンデとの境目をなじませるイメージで仕上げる。


肌のツヤはリラックス感を演出してくれるので、仕上げのパウダーはなしで多少ツヤを残すのもおすすめです。

休日の眉毛はナチュラルに

眉山と眉頭をしっかり描くと、キツい印象になってしまいがちです。アイブロウパウダーをメインに使って、ふんわり描きましょう。


1. スクリューブラシで眉毛の流れを整える
2. アイブロウパウダーで眉山から眉尻にかけて描く。ブラシは垂直に立てて描く。
3. アイブロウパウダーで眉山から眉頭に向かい、毛流れに逆らって描く。ブラシは寝かせ、ふわっと描く。
4. 眉下を中心に、ペンシルで微調整する。欠けているところを、1本ずつ生やすように描き足す。


1~4のステップごとに、スクリューブラシでよくぼかすのがポイントです。左右交互に描くと、バランスが取りやすくなりますよ。

リップは指づけでジューシーに

ツヤのある赤めのリップを指でトントンつけて、じゅわっとした血色感のある唇に。中心だけ重ねづけすると、ふっくら立体感がでます。

まつげはカールアップしてイキイキと

マスカラはつけてもつけなくても、その日の気分でOKです。ビューラーでカールして、ぱっちりさせておきましょう。
ここまで仕上げておけば「ちょっとそこまで」も大丈夫!リラックスモードのメイクで、休日をゆっくり楽しんでくださいね。

おすすめアイテムのご紹介

PURE’D 100 PERFECTION クッションファンデーション モイスト

SPF50+ PA+++
ライトベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルベージュ02(自然な肌色)


日焼け止め・化粧下地・美容液の機能をもつ、しっとりツヤやかな仕上がりのクッションファンデ。
水分を抱き込んだ繊細なモイスチャーネットが広がって、みずみずしい肌を保ちます。リキッドファンデのようにピタッと肌に密着して、毛穴や色ムラを自然にカバー。皮脂を吸着するパウダーが、メイクの崩れを防ぎます。
日中の肌を乾燥や紫外線から守り、見ても触れても美しい肌に。

まるでファンデ塗りたて!?メイク直しランクアップ術でスキなし美肌へ

  • メイク直し
  • 崩れ
  • クッションファンデ

崩れたメイクを直したかったのに、上からファンデを重ねたらよけいに崩れた…。なんてことはありませんか?ムラなくきれいに仕上げるメイク直しの基本と、勝負日や忙しい日別のメイク直し術も押さえておきましょう。

マスクの擦れや乾燥、皮脂などで崩れてしまったファンデ。食事や屋外でマスクをはずす機会を考えると、崩れたままにはしておけないですよね。すばやくキレイを復活させる、メイク直しのコツをご紹介します。

基本編:ここが肝心!「地ならし」で肌をフラットに

ヨレたファンデが肌に残ったまま、さらにファンデやお粉を重ねると、ムラづきやヨレの原因に…。そんなときは、地ならしがポイントです!

まずはティッシュや油とり紙で皮脂を軽く押さえます。皮脂を押さえたら、崩れたファンデを指やスポンジでならしてみてください。このひと手間の後にファンデやお粉を薄く重ねると、ムラなくきれいに仕上がりますよ。

上級編:勝負日のメイク直しは化粧下地で地ならし強化

今日は大事な人に会うから、もっとキレイに直したい!そんなときは、化粧下地とパウダーファンデの力を借りるのも手です。

化粧下地をプラスしたメイク直しステップ品

1. 両ほほの高い部分とおでこの中心に、指で化粧下地を置くようにつける
2.スポンジのきれいな部分(何もついていない部分)で、下地を伸ばしながら地ならしする
3.パウダーファンデを薄く重ねる

化粧下地を使うと、残ったファンデをよりキレイにならすことができ、下地効果でファンデの密着感もアップします。硬いテクスチャーの化粧下地だとならしにくいので、みずみずしく伸びがいいものを選びましょう

「化粧下地とファンデを持ち歩くのは大変…」という人には、クッションファンデを使ったメイク直しもおすすめです。

時短編:もっと手軽にキレイに!クッションファンデでメイク直し

リキッドファンデのみずみずしさとツヤ、パウダーファンデのサラサラ感を「いいとこどり」したクッションファンデ。手軽さと重ねづけのしやすさが特長です。

スポンジでポンポン叩きながらつけることで、自然に「地ならし」された状態に。1ステップですばやくキレイにメイク直しができます。化粧下地の効果をあわせ持つものが多く、密着力の高さも◎。マットタイプよりツヤのあるタイプを選ぶと、肌に残ったファンデによくなじみます

つけすぎないように、手の甲で量を調整してからつけてみてくださいね。

直すのは目の下の三角ゾーンを中心に

目の下の三角ゾーンは顔の中心にあって、視線と光を集める部分です。ココのくすみや色ムラ、毛穴をカバーしておけば、お顔全体がキレイに見えますよ。

フェイスラインはあえてファンデを付け足さないほうが、自然な影ができて小顔印象に。朝ファンデを塗るときも、フェイスラインはごく薄塗りがおすすめです。

おすすめアイテムのご紹介

PURE’D 100 PERFECTION クッションファンデーション モイスト

SPF50+ PA+++
ライトベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルベージュ02(自然な肌色)


ハリとうるおいあふれる肌に導くエイジングケア*1「 PURE’D 100」シリーズから誕生したクッションファンデーション。

独自の美容成分スキンバイオフルイド*2をはじめ、コラーゲン*3やヒアルロン酸*4、セラミド*5などの保湿成分がメイクしたてのみずみずしい肌を保ちます。

パウダーもバランスよく含む処方で、気になるくすみ・色ムラはきちんとカバー。メイクの崩れも防ぎます。

■ブルーミングローズパウダー

光の散乱率を高めるパウダー。明るく発光して、自然なツヤを演出します。

■グリーシーオフパウダー

余分な皮脂だけ吸着するパウダーが、肌をサラリと整えてメイク崩れを防ぎます。

朝メイクを仕上げたらそのままポーチにIN!パパッと美肌をリカバリーして、密に気を付けながら食事や外出を楽しんでくださいね。

*1 年齢に応じたお手入れ
*2 スフィンゴ糖脂質、リン脂質、コレステロール、アルギニン、セリン、スクロース、PCA、シトルリン、グリコーゲン、ヒスチジンHCI、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシンHCI(すべて保湿成分)
*3 加水分解コラーゲン(保湿成分)
*4 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*5 セラミドNP(保湿成分)

肌色になじむファンデはどう選ぶ?仕上がりに差をつける3つの原則

  • ファンデーション
  • 選び方
  • クッションファンデ

ファンデを新しくしたい!と思ったとき、悩ましいのが色選び。美容部員さんのタッチアップが休止中だったり、テスターが撤去されていたりと、手軽に試せないことがありますよね。自然になじむファンデ選びのコツをご紹介します。

自分の肌色タイプを見極めて選んだはずなのに、なんだかキマらない…。その違和感は、色のせいだけではないかもしれません。ファンデの色数や色の定義は、メーカーによってさまざまです。色にこだわりすぎず、①理想の質感 ②肌のコンディション ③塗り方を押さえると、仕上がりに差がつきますよ。

1.理想の質感をイメージしてから選ぶ

ファンデの仕上がりの質感は、その人の「雰囲気」をつくります。理想と現実のギャップが違和感につながるので、まずはどんな雰囲気になりたいかをイメージしてみましょう。「ツヤ」と「マット」で印象が大きく違うので、選ぶ参考にしてみてくださいね。

ツヤ系ファンデの印象

華やか、若々しい、健康的、立体感、ナチュラル、など。

マット系ファンデの印象

上品、落ち着きがある、知的、陶器人形のような肌感、きちんとメイクしている感、など。

2.肌のコンディションに合わせて選ぶ

ファンデが肌に密着していないと、粉浮きや皮脂浮きにつながり、肌色にも影響が及ぶことがあります。肌のコンディションとファンデの相性もチェックしましょう。

パウダーファンデ

粉の割合が多いので、皮脂が多いところにフィットしてよくなじみます。一方で乾燥しているときは粉浮きしやすく、白っぽくなることがあります。

リキッドファンデ

うるおい(水分や油分)が多く、肌が乾燥しているときもぴったりフィット。薄膜をつくるので、重ねづけしても自然です。ただし皮脂が多いときは、油分と混ざって崩れやすく、皮脂の酸化とともにくすんで見えることがあります。

クッションファンデ

粉とうるおいをバランスよく含み、どんな肌タイプにもなじみやすく浮きにくいのが特長です。伸びすぎず肌留まりがいいので、狙ったところへの重ねづけもカンタン。量のつけすぎだけ気をつけましょう。

3.メリハリ塗りで肌と一体化させる

どんなに肌色にピッタリ合ったファンデでも、顔のすみずみまで均一に塗ると、首から浮いてしまいます。回避するコツは、

○毛穴や色ムラが目立ちやすい頬を中心にカバー
○トラブルの少ないフェイスラインはごく薄塗り


にすること。メリハリをつけて塗れば、少し色が合っていなくてもリカバリーできますよ。

基本の塗り方は『ファンデの仕上がり変わる!素肌っぽいのにちゃんとキレイなメリハリ塗りのコツ』で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

おすすめアイテムのご紹介

PURE’D 100 PERFECTION クッションファンデーション モイスト

SPF50+ PA+++
ライトベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルベージュ02(自然な肌色)


しっとりとフィットして、なめらかなツヤ肌に磨き上げるクッションファンデ。肌本来の美しさを引き出すスキンケアシリーズ「PURE’D 100」に使用されている美容成分を、おしみなく配合しています。

日中の肌を乾燥から守る

保湿効果に優れるコラーゲン*1やヒアルロン酸*2、セラミド*3などの保湿成分が、みずみずしい肌をキープ。

肌に溶け込むような自然な仕上がり

日本人の肌になじみやすいベージュ系の2色展開。ブルーミングローズパウダーが光の散乱率を高めるので、薄くつけても色ムラや毛穴を自然にカバーします。重ねづけしてもヨレにくく、カバー力の調整のしやすさも◎です。

肌にも肌色にもピタッとフィットするつややかなクッションファンデで、キレイのランクアップを目指しませんか?

*1 加水分解コラーゲン(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミドNP(保湿成分)

時短メイクでちゃっかりキレイに!手抜きに見せないコツとお助けコスメ活用術

  • 時短メイク
  • クッションファンデ

朝のメイクはやる気スイッチ!寝坊した朝でも、ちゃんと顔を上げて過ごせるメイクがしたいですよね。ベースメイク、眉毛、アイシャドウなど、パーツ別の時短メイクを押さえましょう。一つあると心強い、時短コスメもご紹介します。

1分1秒でも長く寝ていたい朝、うっかり寝坊してしまった朝…。ノーメークで外出できないときがあるし、マスクで隠しても外すシーンがありますよね。パパッと手際よく、でも「きちんと感」はしっかり演出する、時短メイクのコツをご紹介します。

パッと明るく!ベースメイク編

最低限カバーしておきたいのは、目の下から頬にかけての逆三角ゾーン。色ムラや毛穴が目立ちやすいうえに、視線が集まる部分です。ここをファンデで整えると、全体的に明るい印象になりますよ。

まだ余裕があるなら、Tゾーンをカバーして立体感を演出しましょう。ファンデーションは付け足さず、スポンジや手に残ったもので十分です。

下地不要のファンデが便利

サッと塗れて、手軽に使いやすいパウダーファンデ。でもスキンケアや下地がなじまないうちに塗ると、ヨレてしまうことがあります。いざというときのために、化粧下地がいらないBBクリームやクッションファンデがあると便利です。

特にスポンジでポンポンつけるだけのクッションファンデは、手が汚れないのもメリット。カバー力がありツヤもでるので、普段づかいにもオススメです。

気持ちもシャキッと!アイメイク編

目もとの印象を強くするためには、黒を補うのが近道です。アイメイクは1.眉毛 2.まつげ 3.アイシャドウの順で優先しましょう。

眉毛

短時間で左右バランスよく描くコツは次の2つです。
・眉山、眉尻、眉頭に目印をつけておく
・片方ずつではなく、左右交互に描く


眉山~眉尻~眉中の順で描き足し、眉頭を最後に仕上げると、他の部分が多少ズレてもバランスよく見えますよ。

マスカラ

<慌てて塗るとダマになりやすいので、落ち着いて丁寧に塗りましょう。カールタイプのマスカラを選べば、ビューラーなしでも上向きまつげに。マスカラを根元に差し込み、持ち上げて3秒ほど固定すると、下がりにくくなります。

アイシャドウ

1. 引き締めカラーを中指にとって、まぶたの際になじませる
2.ハイライトカラーを薬指にとって、目頭にトントンなじませる


この2ステップだけでも、メリハリのある目もとになります

顔色イキイキ!血色編

クリームチークにもリップにも使える、2WAYコスメが便利です。時短はもちろん、メイクに統一感がでるのもポイント。クリームチークはしっとりした質感なので、クッションファンデやBBクリームと好相性です。

ぜひ時短コスメも上手に活用して、キレイを磨いてくださいね。

おすすめアイテムのご紹介

プラセンティスト クッションファンデーション

SPF50+ PA+++
02ベージュ(自然な肌色)/01ライトベージュ(明るめの肌色)


美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの5機能を搭載した、クッションファンデーション。スキンケアで肌を整えたら、30秒でベースメイクが完成します。

パウダーとリキッドのイイトコどり

付属のパフにとって、スタンプを押すようにポンポンするだけ。パウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデのツヤを兼ね備えています。

カバー力が自由自在

薄づきで自然な仕上がり。ポンポン重ねてもヨレにくいので、気になる部分はきちんとカバーできます。

約72%*1もの美容液成分でうるツヤ肌に

うるおいとつややかさを与えるプラセンタエキスを配合。メイクしながら日中の肌を乾燥からガードします。

崩れにくい

崩れやヨレを防ぐ「高密着パウダー」、皮脂を吸収する「ジェルパウダー」*2配合で、つけたてメイクが長持ち。

いつでもどこでも手早く美肌を仕込んで、上向きな1日を過ごしませんか?

*1 精製水を含む
*2 ジメチコンクロスポリマー

ファンデの仕上がり変わる!素肌っぽいのにちゃんとキレイなメリハリ塗りのコツ

  • クッションファンデ
  • パウダーファンデ
  • リキッドファンデ
  • 塗り方

肌をきれいに魅せてくれるファンデーション。塗り方のポイントを押さえれば、仕上がりが1ランクアップします。素肌っぽいのに気になるところはキレイにカバーするには、メリハリ塗りが決め手。パウダーファンデ・リキッドファンデ・クッションファンデ別のコツも紹介します。

ファンデーションがきれいに仕上がると、自信を持って朝の一歩が踏み出せる気がしませんか?でもアンケート*によると、約4割もの人が自己流で塗っているそうです。気になるところはカバーしながら、自然な素肌感を残すベースメイク術を紹介します。

*ファンデーションに関する調査 30~59歳有職女性n=600 株式会社ネオマーケティング調べ(2020年5月18日~2020年5月21日)

メリハリ塗りで「塗ってます感」なしのナチュラル美肌

パウダータイプやリキッドタイプ、クッションファンデなど、いくつか種類があるファンデーション。どのタイプにも共通するコツは、均一に塗らずメリハリをつけることです。

目の下の逆三角ゾーンはきちんとカバー

シミやくすみ、赤み、毛穴などが目立ちやすいのが、目の下の逆三角ゾーン。目の下に指1本分あけたところから、ほお骨にかけての部分はきちんとカバーしましょう。顔の中心から外側に向かって伸ばします。

Tゾーンと口元はほどほどにカバー

おでこや鼻すじ、あご先などの高いところを明るくすると、立体感がでます。ただし表情の動きでヨレやすい部分なので、つけすぎには注意してくださいね。

フェイスラインはごく薄塗りに

フェイスラインまでしっかりカバーすると、厚塗り感がでて顔が大きく見えてしまいます。パフや手に残ったファンデを軽くなじませる程度でOKです。
次はファンデーションのタイプ別に、きれいに仕上げるポイントを紹介しますね。

手軽さで人気!パウダーファンデ編

手軽に塗りやすく、カバー力もあるのが特長。ただし力を入れて塗ると白浮きしやすくなります。

POINT!

スポンジの端を持って、やさしくすべらせるように塗るのがコツです。ヨレやすい小鼻や目尻は、角を使っておさえるようにしましょう。

素肌になじむ!リキッドファンデ編

肌にフィットして自然な仕上がりですが、量の調整が難しい場合があります。

POINT!

ほお・おでこ・鼻・あごに少量おいてから塗り広げます。小刻みに塗るとムラになりやすいので、面積の大きいほおやおでこは、スーッと大きく伸ばしましょう。

カバー力も素肌感も!クッションファンデ編

パウダーのように塗りやすく、リキッドのようにフィットするのが特長。重ね塗りしてもキレイなので、カバー力が調整しやすくメリハリ塗りもカンタンです。

POINT!

すべらせるように塗るのではなく、スポンジに少量とって、やさしくポンポン叩くように塗ります。1回にスポンジにとる量が多すぎないように注意してくださいね。
ときどきは塗り方をおさらいして、ファンデの実力を最大限に引き出しましょう!

時短も美肌もいいとこどり!おすすめベースメイクのご紹介

プラセンティスト クッションファンデーション

SPF50+ PA+++
ベージュ02(自然な肌色)/ライトベージュ01(明るめの肌色)


プラセンタエキス*1をはじめ美容液成分約73%も配合*2した、美容液級のクッションファンデ。しっとりつややかな肌に魅せてくれます。

1つで5役!30秒でベースメイク完了

美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの機能がこれ1つに。付属のスポンジでポンポンするだけで、素肌感を残しながらきれいにカバーできます。

夕方までつけたてのキレイが続く

肌と相性のいいアミノ酸を含む高密着パウダー*3が、メイク崩れやヨレをブロック。時間がたっても変色しにくいブライトアップオイル*4を採用し、透明感をキープします。うれしい機能を詰め込んだクッションファンデ、あなたも体感してみませんか?

*1 保湿成分
*2 精製水を含む
*3 酸化チタン、水酸化Al、パルミトイルプロリン、パルミトイルグルタミン酸Mg、パルミトイルサルコシンNa、パルミチン酸
*4 メチルトリメチコン、シクロペンタシロキサン