ファンデーションが毛穴落ちする原因とは?毛穴落ちしないファンデーションの塗り方を解説!

掲載日:2021/08/05
更新日:2021/08/05
  • ファンデーション
  • 毛穴落ち
  • 原因
  • 塗り方

ファンデーションをつけたときにはきれいなのに、時間が経つと毛穴落ちしてしまう…。そんな厄介な毛穴落ちには原因があります。その原因、毛穴落ちしないファンデーションの塗り方、毛穴落ちを防ぐメイクアイテムの選び方をご紹介します。

ファンデーションの毛穴落ちとは?

ファンデーションと皮脂が混ざったものが毛穴に詰まった状態のことを「毛穴落ち」といいます。ファンデーションが毛穴落ちすると、ポツポツと毛穴の部分が目立ってしまいます。

毛穴落ちと似たようなものに「毛穴浮き」があります。毛穴浮きは、毛穴から皮脂が分泌され、その上に塗られているファンデーションが浮いてしまった状態のことです。

毛穴落ちは毛穴が目立ちますが、毛穴浮きはファンデーションがムラになったような状態になります。

ファンデーションの毛穴落ちの原因とは?

ファンデーションの毛穴落ちの原因には、おもに3つあります。見ていきましょう。

皮脂の過剰分泌・乾燥

皮脂が過剰分泌すると、ファンデーションが毛穴に流れ込み、皮脂と混ざって毛穴落ちしてします。また、肌の乾燥も毛穴落ちの原因のひとつです。肌が乾燥していることと、皮脂の過剰分泌は、対局にあるように感じますが、肌の乾燥が進んでしまうと、乾燥から肌を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されます。この皮脂により、毛穴落ちしてしまうこともあります。

たるみ

乾燥や紫外線、加齢、女性ホルモンの低下などによって肌のハリが失われると、肌がたるみます。肌がたるむと毛穴を引っ張ってしまうので、毛穴が楕円形に広がってしまい、ファンデーションが毛穴落ちしやすくなるのです。

毛穴の開き

毛穴が開いていると、ファンデーションと皮脂が混ざったものが詰まりやすくなり、毛穴落ちしやすくなります。また、毛穴が開いているため、毛穴落ちすると毛穴がより目立ってしまうのも難点です。

ファンデーションの毛穴落ち対策について

毛穴落ちを防ぐ対策を3つご紹介します。ぜひ、試してみてください。

保湿をしっかりと行う

毛穴落ちのおもな原因は、乾燥・たるみ・毛穴の開きです。これらを防ぐには、保湿が大切です。顔を洗った後や入浴後、メイク前などに、化粧水や美容液、乳液を使ってしっかり保湿ケアをしましょう。

スキンケアとベースメイクの間隔をあける

スキンケアをした後に、すぐにベースメイクをしていませんか?実はこれ、毛穴落ちの原因となる行為です。水分や油分が肌に浸透しておらず、ベタついた状態の肌にファンデーションをのせると、毛穴落ちしやすくなります。スキンケアをしたら、5分程度の時間を空けてからメイクをスタートさせましょう。

スキンケアを見直す

スキンケアを見直すことも、毛穴落ち対策になります。皮脂が多いオイリータイプの人は、毛穴を引き締め、皮脂分泌をコントロールする効果がある収れん化粧水を使ってみてください。また、乾燥肌タイプの人は、保湿力が優れた成分が配合された化粧水や美容液、乳液などでしっかりと保湿しましょう。

毛穴専用下地を使う

毛穴専用下地とは、毛穴を埋めるパテのような化粧下地のこと。これを使うことで、毛穴落ちしにくくなります。毛穴専用下地を使ったあと、通常の化粧下地を塗ってファンデーションをつけてください。また、皮脂やテカリを防止する化粧下地を使うことも、毛穴落ちを防げます。

毛穴落ちしないファンデーションの塗り方

ファンデーション別に毛穴落ちしない塗り方を解説していきます。

パウダーファンデーションの塗り方

パウダーファンデーションを塗るときには、ごく薄く、顔の中心から外側に向かってのばしていきましょう。ファンデーションの量の目安は、スポンジの半分で顔の片側を塗りきるイメージです。何度もファンデーションを追加しないようにすることで、厚塗りも防げます。

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションも、ごく薄く、顔の内側から外側に向かってのばしていきましょう。このとき、ムラなく均一に塗ることを心がけてください。全体に塗り終えたら、スポンジで叩き込むように仕上げます。余分な皮脂を取ることができ、毛穴落ちを防げます。

クッションファンデーションの塗り方

クッションファンデを塗るときは、タッピングしながら塗るのがポイントです。タッピングするとファンデーションが毛穴にフィットし、しっかり密着します。

毛穴落ちを防ぐメイクアイテムの選び方

毛穴落ち対策になるアイテムを活用するのも一つの手です。その選び方をご紹介します。

肌の密着度が高いリキッドやクリームファンデーションを使う

肌の密着度が高いファンデーションを使えば、毛穴にもしっかり密着するので毛穴落ちを防ぐことができます。ファンデーションのなかでも、肌の密着度が高いのは、リキッドファンデーション、クリームファンデーションです。パウダーファンデーションを使っていて、毛穴落ちが気になる人は、これらのファンデーションに切り替えてみてください。

フィニッシングミストを使う

フィニッシングミストは、メイクの仕上げにミストを顔に吹きかけ、化粧崩れを防止するアイテム。メイクしたばかりの状態をキープでき、化粧崩れすることもなく、肌の乾燥も防げます。また、化粧直しの必要もなくなるのもメリットです。

フェイスパウダーをメイクの最後に

フェイスパウダーには、皮脂をコントロールしたり、汗を吸収する役割があります。メイクの終わりにフェイスパウダーを使えば、毛穴落ちをおさえることが可能です。

毛穴落ちが気になった時の化粧直しの方法

毛穴落ちが気になったときには、さっと化粧直しをしましょう。ここでは、毛穴落ちの化粧直しの方法をお教えします。

油分をティッシュオフ

毛穴落ちの原因のひとつは、余分な皮脂や油分、汗です。まずは、これらの油分をティッシュなどでオフしましょう。ティッシュオフせずにそのまま上にファンデーションなどをのせてしまうと、ムラになったり、メイク崩れがなおらなかったりします。化粧直しをきれいに仕上げるには、まずはティッシュオフをすることが大切です。

パウダーファンデーションでお直し

ティッシュオフ後、パウダーファンデーションを乗せていきます。このときのポイントは、

・ブラシを使う
・優しくなでるようにふんわりとつける
・気になる毛穴の部分は、ブラシを毛穴の向きとは逆向きの上方向に動かす

ことです。ブラシをうまく使ってきれいな仕上がりを目指しましょう。

ひどい場合は乳液でベースメイクをオフ

毛穴落ちがひどい場合は、その部分の化粧を一旦落とし、再び化粧をしなおしましょう。やり方は、次のとおりです。

1 毛穴落ちがひどい部分に乳液を含ませたコットンでベースメイクを落とす。
2 化粧下地をなじませる。
3 ファンデーションを塗る。

乾燥や毛穴の開きを防いで毛穴落ちしないメイクを!

毛穴落ちの原因は、乾燥や毛穴の開き、皮脂の分泌過剰、たるみです。これらを日頃のスキンケアで改善することが大切です。また、毛穴落ちを防ぐメイク法、アイテムを使って、毛穴落ちを防いでいきましょう。