ファンデーションでもしっとり!粉吹き・乾燥肌にならない塗り方とは?

掲載日:2021/10/07
更新日:2021/10/07
  • ファンデーション
  • 粉吹き
  • 乾燥肌
  • 塗り方

肌の粉吹きに悩まされていませんか?肌が乾燥して、粉を吹いてしまった状態では、化粧ノリが悪くなったり、メイクが崩れやすくなるなど、さまざまなデメリットが発生します。今回は、粉吹きの対処法や乾燥を防ぐスキンケアについて詳しく紹介していきます。

粉を吹いてしまう原因とは?

そもそもなぜ粉を吹いてしまうのでしょうか?粉吹きの原因について解説していきます。

空調による乾燥

粉を吹く最大の原因は、ずばり「乾燥」です。冬は特に肌が乾燥しやすい季節ですが、夏でもクーラーがかかる室内での乾燥に悩む方も多いのではないでしょうか。空調がもたらす乾燥には、季節を問わず気をつけなければなりません。

ケア不足による乾燥

スキンケアが正しく行われていないと、乾燥を招いてしまう恐れがあります。自分の肌に合った洗顔や保湿など、乾燥対策をしっかり行うことで粉吹きを防ぐことができます。

化粧品との相性が悪い

乾燥対策をしっかり行っているにもかかわらず、粉を吹いてしまう場合は、化粧下地とファンデーションの組み合わせが合っていない可能性が考えられます。自分の肌に合ったベストな組み合わせを探してみましょう。

内的な要因

睡眠不足や栄養不足が続いてしまうと、肌の修復が遅れてしまい、乾燥肌の原因になることもあります。いくらスキンケアで対策をしていても、生活習慣が乱れてしまうと、根本的な解決にはならないので注意が必要です。

粉吹きを防ぐ方法①スキンケア

日々のスキンケアをしっかりと行うことで、粉吹きを防ぐことができます。乾燥肌のあなたにおすすめのスキンケア法を紹介します。

クレンジング

粉吹きを予防するには、洗浄力が穏やかで保湿成分が配合されたクレンジング剤を選ぶようにしましょう。洗浄力の高いクレンジング剤は、肌の油分を必要以上に落としてしまう恐れがあるため、乾燥肌の人はとくに注意が必要です。
また、落ちにくいしっかりメイクをした際には、洗浄力の弱いクレンジングで無理に落とそうとすると、かえって肌に負担をかけてしまいます。ポイントメイクをした箇所だけ専用のリムーバーを使うなど、通常のクレンジング剤と上手に併用することで、粉吹きを防ぐことができます。

洗顔

洗顔料は、保湿成分が配合されたタイプを使うとよいでしょう。肌への刺激が強いスクラブタイプのものや、洗浄力が高い洗顔料はなるべく控えるようにしてください。
また、熱すぎるお湯は肌を乾燥させてしまうため、34度から36度くらいのぬるま湯で、しっかりと洗顔料を泡立てて、泡を肌に乗せるようにして洗うのがポイントです。クレンジング剤も洗顔料も、すすぎ残しがないよう、丁寧に洗い流しましょう。

化粧水でケア

洗顔後の保湿ケアは、粉吹きを防ぐための最も大事なプロセスです。洗顔後は、肌が乾燥してしまわないうちに、化粧水でうるおいを与えてください。たっぷりの化粧水を手のひらに取って、顔を包み込むように馴染ませるのがポイントです。手ではなく、コットンを使っても問題ありません。ただし、コットンで肌をこすらないよう、やさしく当てて使用しましょう。

乳液で保湿

手が吸い付くくらいに化粧水で肌を潤わせたら、次に乳液を乗せていきます。乾燥する季節以外は、化粧水のみでスキンケアを済ませる人もいるかもしれませんが、化粧水は時間が経つと蒸発してしまい、かえって肌を乾燥させてしまう恐れがあります。化粧水を肌に浸透させたあとに乳液を使うと、肌に与えた潤いを閉じ込めておくことができるため、季節を問わず併用することをおすすめします。
乳液は、顔の全体にムラがないように伸ばしていき、粉が吹きやすい部分は多めに乗せて、重点的に保湿していきましょう。
また、化粧水や乳液の役割を持つオールインワンジェルを使うのもおすすめです。保湿ケアは、乾燥する時間を少なくすることが重要なので、オールインワンジェルは時短になるという点でも優れています。

粉吹きを防ぐ方法②メイク

スキンケアは十分にしていても、メイク時に粉を吹いてしまうこともあると思います。粉吹きを防ぐメイク方法を身につけていきましょう。

下地

粉吹きを防ぐためには、乾燥しにくいベースを作ることが大切です。まずは保湿力の高い化粧下地を用意しましょう。ヒアルロン酸やホホバオイルなどの保湿成分が含まれているものがおすすめです。
手順は、下地をおでこ、鼻先、両頬、あごに置き、顔の中央から外側に向けて滑らせるように馴染ませてください。下地は、ヨレやすい小鼻周辺とあごの量を控えめにすることがポイントです。

ファンデーション

ファンデーションは、パウダータイプではなく、油分を含んだリキッドタイプを選ぶとよいでしょう。下地を肌に広げたら、おでこ、りょう頬、あご、鼻にファンデーションを置いて、水を含ませたスポンジを使って顔全体に広げていきます。

フェイスパウダー

ファンデーションの後は、フェイスパウダーを乗せていきましょう。パウダーをブラシに付けて、余分な粉を手の甲で払ったら、 鼻、頬、おでこにふんわりと乗せるように付けてください。テカリが気になる部分は少し多めに乗せると、自然な仕上がりになります。

ミスト化粧水

メイクの仕上げにミストタイプの化粧水を吹きかけることで、粉吹きを防ぐことができます。保湿成分が配合されたミストタイプの化粧水を仕上げに使用すると、肌がうるおうだけでなく、メイクのフィット感も高まります。
ミスト化粧水は、顔から30cmほど離し、円を描くようにまんべんなく吹きかけましょう。顔全体にかけたら、手のひらでなじませれば完了です。

粉を吹いてしまった際の対処法

出先で鏡を見たら粉を吹いていた、なんてこともあるのではないでしょうか。そんな時に役立つ対処方法を覚えておきましょう。

クリームを使ったお直し

市販のフェイス用クリームを使ってお直しすることができます。スクラワンやホホバオイルなど、保湿力のある成分が含まれたものだと、なお良いでしょう。
やり方は、適量のクリームを粉吹き部分になじませたら、コットンやティッシュで軽く押さえます。仕上げに、コンシーラーやパウダータイプのファンデーションを肌に乗せて整えれば完了です。

乳液を使ったお直し

クリームでは油分が多すぎるという場合は、乳液を使った方法もおすすめです。乳液を粉吹き箇所に馴染ませたら、ティッシュなどで軽く押さえます。その後、コンシーラーやファンデーショを薄く乗せて仕上げてください。

ミストを使ったお直し

時間がない時や緊急の際には、化粧水ミストをシュッとかけるだけでも効果があります。クリームや乳液ほどではないものの、ミスト化粧水は1つ持ち歩いておくといざというときに便利です。

おすすめ商品

粉吹きに有用なミスト化粧水を厳選して紹介します。

【CNP Laboratory】CNP PROPOLIS AMPULE MIST プロP ミスト 100ml

ハチの巣から抽出したプロポリスエキス成分を含んだミストタイプの化粧水。細かい霧状のミストで化粧崩れを気にすることなく、メイクの上から使うことができます。仕上げだけでなく、化粧水の代わりに使用することもできるので、メイクの前後の肌にいつでもうるおいを与えてくれる心強い味方です。

※保湿成分

belif×VDL グロウ モイスト フィックス&ミスト

韓国の人気コスメブランドBeliefとVDLがコラボレートしたメイクの仕上げにぴったりなフィックスミスト。細かなミストがメイクに密着し、自然なツヤとうるおい感のある肌に仕上げてくれます。ホワイトフローラル&グリーンフルーティーの香りが気分を高めてくれるので、忙しい朝や日中のうるおい補給に使いたくなるアイテムです。

PHYSIOGEL DMT フィジオジェル フェイシャルミスト

敏感肌の方におすすめしたい低刺激デイリーミスト。肌に水分保湿効果を与えるヒアルロン酸とパンテノールを配合し、肌に密着しやすい微細粒子ミストが保湿を持続させてくれます。メイクの仕上げや洗顔後の化粧水としてなど、多機能に使うことができます。