シミ・クマ・色ムラを自然に隠す!厚塗りにならないアイテム選びと使い方

  • ファンデ
  • カバー力
  • コンシーラー
  • クッションファンデ

メイクでどうにか隠したいシミやクマ、色ムラ。上手に取り入れたいのが、カバー力の高いファンデーションやコンシーラー、コントロールカラーです。自然に仕上げるコツは、適材適所を見極めること。悩みに応じたアイテムの選び方・使い方をご紹介します。

シミやクマ、色ムラをしっかりカバーしたいけど、厚塗りに見えるのはイヤですよね。コンシーラー、コントロールカラー、カバー力の高いファンデなど、たくさんのアイテムがあります。それぞれの特徴を押さえて、ナチュラルなのに明るい美肌をつくりましょう。

適材適所が決め手のコンシーラー

コンシーラーは悩みに合った色、硬さ・柔らかさで選ぶのがポイントです。

濃いシミ・ホクロ

ペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。密着力に優れていて、濃いシミをピンポイントでカバーできます。ただし水分・油分が少ないので、乾燥しやすい目もとは避けてくださいね。


1. 肌の色より暗めの色を選ぶ
2. 塗りつぶすのではなく、ポンポンと叩くようにつける
3. 指先でトントンなじませる

薄いシミ

適度な油分を含み、密着力も高いクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。大きめのシミもカバーしやすいですよ。


1. 肌の色に近い色を選ぶ
2. ブラシにとって、シミより2まわり大きく塗りつぶす
3. 外側を指先でぼかして、肌色となじませる

クマ

よく動かす目もとなので、テクスチャーが硬いとヨレやすくなります。水分を多く含んで柔らかい、筆ペンタイプのコンシーラーがおすすめです。


1. 肌の色より明るめの色を選ぶ
2. クマの部分に3~4本斜線を引く
3. 指先でトントンなじませる

色ムラにはコントロールカラー

赤みやくすみなどの色ムラには、色を補整する下地(コントロールカラー)がおすすめです。

グリーン

赤みを補整するカラー。気になる部分にだけ使いましょう。

ピンク

血色が悪いときにおすすめのカラー。色白の肌によくなじみます。

イエロー

日焼けなどでくすんだ肌を明るく補整します。


でも毎日のメイクは、なるべく短時間ですませたいものですよね。カバー力が高いファンデーションにも注目してみましょう。

1つでカバー力もツヤも満たすクッションファンデ

クッションファンデは、パウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデのツヤ感をイイトコどりしています。さらに、カバー力を生む「粉」をほどよく含むのも特長。肌にピタッと留まり、薄づきなのにコンシーラー級のカバー力があるんですよ。


○色が合わず悪目立ちすることがない
○使う部位を選ばない
○ポンポン叩くだけでムラなく塗れる


といった、使い勝手のよさも◎。

優れたカバー力をもつアイテムでも、間違った色や使い方では、効果が半減してしまいますよね。無理なく手軽に使えるかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

おすすめアイテムのご紹介

Aluce luce クッションファンデーション

SPF50+ PA++++
ナチュラルベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルオークル02(健康的な肌色)


シミ・クマ・色ムラをしっかりカバーするのに、薄づきで自然なツヤ肌に。日焼け止め、化粧下地、コンシーラーの役割も果たす、クッションファンデーションです。
カバー力を高める3つのパウダーを配合。1度塗りでもパッと明るい肌に仕上がります。

■ソフトフォーカスパウダー

光を乱反射させて、ライトを当てたようにシミや毛シワ、毛穴をカバー。

■高密着パウダー

肌にしっかりフィットして、つけたての美しさをキープ。

■Sebumジェルパウダー

皮脂を吸着し、肌に密着させる化粧膜につくり変えるパウダー。テカリ・ヨレをブロック。


ベビーコラーゲンEX*1やオーロラヒアルロン酸*2、シフォンセラミド*3をはじめ、成分の約70%が美容液成分*4。メイク直しのたびにうるおいをチャージします。

1 銀座ステファニー化粧品独自開発成分(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP(保湿成分)
*4 精製水を含む