まるでファンデ塗りたて!?メイク直しランクアップ術でスキなし美肌へ

  • メイク直し
  • 崩れ
  • クッションファンデ

崩れたメイクを直したかったのに、上からファンデを重ねたらよけいに崩れた…。なんてことはありませんか?ムラなくきれいに仕上げるメイク直しの基本と、勝負日や忙しい日別のメイク直し術も押さえておきましょう。

マスクの擦れや乾燥、皮脂などで崩れてしまったファンデ。食事や屋外でマスクをはずす機会を考えると、崩れたままにはしておけないですよね。すばやくキレイを復活させる、メイク直しのコツをご紹介します。

基本編:ここが肝心!「地ならし」で肌をフラットに

ヨレたファンデが肌に残ったまま、さらにファンデやお粉を重ねると、ムラづきやヨレの原因に…。そんなときは、地ならしがポイントです!

まずはティッシュや油とり紙で皮脂を軽く押さえます。皮脂を押さえたら、崩れたファンデを指やスポンジでならしてみてください。このひと手間の後にファンデやお粉を薄く重ねると、ムラなくきれいに仕上がりますよ。

上級編:勝負日のメイク直しは化粧下地で地ならし強化

今日は大事な人に会うから、もっとキレイに直したい!そんなときは、化粧下地とパウダーファンデの力を借りるのも手です。

化粧下地をプラスしたメイク直しステップ品

1. 両ほほの高い部分とおでこの中心に、指で化粧下地を置くようにつける
2.スポンジのきれいな部分(何もついていない部分)で、下地を伸ばしながら地ならしする
3.パウダーファンデを薄く重ねる

化粧下地を使うと、残ったファンデをよりキレイにならすことができ、下地効果でファンデの密着感もアップします。硬いテクスチャーの化粧下地だとならしにくいので、みずみずしく伸びがいいものを選びましょう

「化粧下地とファンデを持ち歩くのは大変…」という人には、クッションファンデを使ったメイク直しもおすすめです。

時短編:もっと手軽にキレイに!クッションファンデでメイク直し

リキッドファンデのみずみずしさとツヤ、パウダーファンデのサラサラ感を「いいとこどり」したクッションファンデ。手軽さと重ねづけのしやすさが特長です。

スポンジでポンポン叩きながらつけることで、自然に「地ならし」された状態に。1ステップですばやくキレイにメイク直しができます。化粧下地の効果をあわせ持つものが多く、密着力の高さも◎。マットタイプよりツヤのあるタイプを選ぶと、肌に残ったファンデによくなじみます

つけすぎないように、手の甲で量を調整してからつけてみてくださいね。

直すのは目の下の三角ゾーンを中心に

目の下の三角ゾーンは顔の中心にあって、視線と光を集める部分です。ココのくすみや色ムラ、毛穴をカバーしておけば、お顔全体がキレイに見えますよ。

フェイスラインはあえてファンデを付け足さないほうが、自然な影ができて小顔印象に。朝ファンデを塗るときも、フェイスラインはごく薄塗りがおすすめです。

おすすめアイテムのご紹介

PURE’D 100 PERFECTION クッションファンデーション モイスト

SPF50+ PA+++
ライトベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルベージュ02(自然な肌色)


ハリとうるおいあふれる肌に導くエイジングケア*1「 PURE’D 100」シリーズから誕生したクッションファンデーション。

独自の美容成分スキンバイオフルイド*2をはじめ、コラーゲン*3やヒアルロン酸*4、セラミド*5などの保湿成分がメイクしたてのみずみずしい肌を保ちます。

パウダーもバランスよく含む処方で、気になるくすみ・色ムラはきちんとカバー。メイクの崩れも防ぎます。

■ブルーミングローズパウダー

光の散乱率を高めるパウダー。明るく発光して、自然なツヤを演出します。

■グリーシーオフパウダー

余分な皮脂だけ吸着するパウダーが、肌をサラリと整えてメイク崩れを防ぎます。

朝メイクを仕上げたらそのままポーチにIN!パパッと美肌をリカバリーして、密に気を付けながら食事や外出を楽しんでくださいね。

*1 年齢に応じたお手入れ
*2 スフィンゴ糖脂質、リン脂質、コレステロール、アルギニン、セリン、スクロース、PCA、シトルリン、グリコーゲン、ヒスチジンHCI、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシンHCI(すべて保湿成分)
*3 加水分解コラーゲン(保湿成分)
*4 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*5 セラミドNP(保湿成分)