パフ・スポンジがキレイな人は、肌もキレイだった!?ふわふわ感を保つ洗剤選びと洗い方

  • ファンデ
  • パフ
  • 洗い方

毎日のメイクに欠かせないパフやスポンジ。清潔に保つことが大切ですが、洗剤の種類や洗い方によっては、生地を傷めてしまうことがあります。洗剤選び・洗い方・乾かし方の基本をご紹介します。

気温が上がって皮脂・汗が増えてくると、メイク直しの機会も増えますよね。そんな季節に気を付けたいのが、パフやスポンジなどの汚れです。
汚れをそのままにすると、雑菌が繁殖するだけでなく、メイクのりが悪くなることも...。
1~2週間に1度を目安に洗って、清潔に保ちましょう。


パフを洗うと、こんなに違いがでるんですよ。

パフ・スポンジを洗う洗剤の選び方

専用のクリーナーもありますが、中性のおしゃれ着洗剤や台所用洗剤で代用できます。洗面ボウルにぬるま湯を張り、適量を溶かしてから洗いましょう。

軽い汚れには、肌触りよく洗い上がるおしゃれ着洗剤。


おしゃれ着洗剤で洗ったパフ

かなり汚れているときは、油汚れに強い台所用洗剤がおすすめです。


台所洗剤で洗ったパフ

アルカリ性の洗たく洗剤や浴用石けんは、生地を傷めやすいので避けてくださいね。

パフ・スポンジの洗い方

こすり洗いは生地を傷めてしまいます。指の腹や手のひら全体を使って、やさしく押し洗いしましょう。つけ置き洗いは、パフの接着部分のはがれにつながるので注意してください。


汚れが落ちたら、流水で十分にすすぎます。

パフ・スポンジの乾かし方

手のひらに挟んで水を絞ってから、タオルに挟んで水を吸い取ります。タオルなどの上に置いて、風通しのいい場所で陰干ししましょう。湿ったまま使うと菌が繁殖することがあるので、中までしっかり乾かしてください。
ただし直射日光に当てたり、ドライヤーで乾かしたりすると、生地が傷みゴワつきやすくなります。

コンパクト内のムレにもご注意を!

パフやスポンジを使った後はティッシュで挟み、余分なファンデを落としてからしまうのがおすすめです。とくにクッションファンデは水分と油分の両方を含み、ムレやすいので、ぜひ習慣にしましょう。

コンパクトや鏡に付いた汚れもきれいにふき取って、清潔な環境を保ってくださいね。

おすすめアイテムのご紹介

CNP Laboratory CNP PROPOLIS AMPULE IN CUSHION プロP INクッション 15g+15g #21

崩れにくさ・ツヤやかさ・パフの清潔さにこだわった、韓国生まれのクッションファンデです。保湿力に優れるプロポリスエキス*1をおしみなく配合。紫外線による乾燥から肌を守り、素肌もケアします。

■崩れにくさ

大きさの異なる粉体をブレンドしたパウダーが、肌の凸凹に隙間なく密着。スキンフィクサー成分でパウダーの粒子をコーティングし、定着性も両立しています。汗・皮脂に強く、つけたての美しさを長時間キープ。

■ツヤやかさ

プロポリスエキス*1のみずみずしさと上品な金の輝きが、内側*2からにじみでるようなツヤ肌を演出します。テカテカしたオイルのツヤ感ではなく、自然な仕上がりに。

■パフの清潔さ

パフの上部に特殊な布を使用した、CNPのオリジナルパフ。ファンデが付いてもサッとふき取れます。


鏡に汚れが付いたり、ムレが生じたりするのを防ぎます。

*1 角質層
*2 保湿成分

シミ・クマ・色ムラを自然に隠す!厚塗りにならないアイテム選びと使い方

  • ファンデ
  • カバー力
  • コンシーラー
  • クッションファンデ

メイクでどうにか隠したいシミやクマ、色ムラ。上手に取り入れたいのが、カバー力の高いファンデーションやコンシーラー、コントロールカラーです。自然に仕上げるコツは、適材適所を見極めること。悩みに応じたアイテムの選び方・使い方をご紹介します。

シミやクマ、色ムラをしっかりカバーしたいけど、厚塗りに見えるのはイヤですよね。コンシーラー、コントロールカラー、カバー力の高いファンデなど、たくさんのアイテムがあります。それぞれの特徴を押さえて、ナチュラルなのに明るい美肌をつくりましょう。

適材適所が決め手のコンシーラー

コンシーラーは悩みに合った色、硬さ・柔らかさで選ぶのがポイントです。

濃いシミ・ホクロ

ペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。密着力に優れていて、濃いシミをピンポイントでカバーできます。ただし水分・油分が少ないので、乾燥しやすい目もとは避けてくださいね。


1. 肌の色より暗めの色を選ぶ
2. 塗りつぶすのではなく、ポンポンと叩くようにつける
3. 指先でトントンなじませる

薄いシミ

適度な油分を含み、密着力も高いクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。大きめのシミもカバーしやすいですよ。


1. 肌の色に近い色を選ぶ
2. ブラシにとって、シミより2まわり大きく塗りつぶす
3. 外側を指先でぼかして、肌色となじませる

クマ

よく動かす目もとなので、テクスチャーが硬いとヨレやすくなります。水分を多く含んで柔らかい、筆ペンタイプのコンシーラーがおすすめです。


1. 肌の色より明るめの色を選ぶ
2. クマの部分に3~4本斜線を引く
3. 指先でトントンなじませる

色ムラにはコントロールカラー

赤みやくすみなどの色ムラには、色を補整する下地(コントロールカラー)がおすすめです。

グリーン

赤みを補整するカラー。気になる部分にだけ使いましょう。

ピンク

血色が悪いときにおすすめのカラー。色白の肌によくなじみます。

イエロー

日焼けなどでくすんだ肌を明るく補整します。


でも毎日のメイクは、なるべく短時間ですませたいものですよね。カバー力が高いファンデーションにも注目してみましょう。

1つでカバー力もツヤも満たすクッションファンデ

クッションファンデは、パウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデのツヤ感をイイトコどりしています。さらに、カバー力を生む「粉」をほどよく含むのも特長。肌にピタッと留まり、薄づきなのにコンシーラー級のカバー力があるんですよ。


○色が合わず悪目立ちすることがない
○使う部位を選ばない
○ポンポン叩くだけでムラなく塗れる


といった、使い勝手のよさも◎。

優れたカバー力をもつアイテムでも、間違った色や使い方では、効果が半減してしまいますよね。無理なく手軽に使えるかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

おすすめアイテムのご紹介

Aluce luce クッションファンデーション

SPF50+ PA++++
ナチュラルベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルオークル02(健康的な肌色)


シミ・クマ・色ムラをしっかりカバーするのに、薄づきで自然なツヤ肌に。日焼け止め、化粧下地、コンシーラーの役割も果たす、クッションファンデーションです。
カバー力を高める3つのパウダーを配合。1度塗りでもパッと明るい肌に仕上がります。

■ソフトフォーカスパウダー

光を乱反射させて、ライトを当てたようにシミや毛シワ、毛穴をカバー。

■高密着パウダー

肌にしっかりフィットして、つけたての美しさをキープ。

■Sebumジェルパウダー

皮脂を吸着し、肌に密着させる化粧膜につくり変えるパウダー。テカリ・ヨレをブロック。


ベビーコラーゲンEX*1やオーロラヒアルロン酸*2、シフォンセラミド*3をはじめ、成分の約70%が美容液成分*4。メイク直しのたびにうるおいをチャージします。

1 銀座ステファニー化粧品独自開発成分(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP(保湿成分)
*4 精製水を含む

乾燥しやすい肌でもファンデがピタッ!うるツヤ続く保湿&ベースメイクの秘訣

  • 乾燥
  • ファンデ
  • 保湿
  • ファンデーション

ファンデのつけたてはキレイなのに、時間がたつと粉浮きやヨレが気になる乾燥肌さん。もしかしたら間違ったお手入れが影響しているのかも?メイク前の丁寧な保湿ケアと、肌に合ったファンデの選び方を押さえて、カサつきの気にならない美肌を目指しましょう。

朝のメイクが思い通りに仕上がると、いい1日が始まりそうな予感!でも時間とともに肌がカサついて、

○ファンデが毛穴や小じわに入り込む
○ファンデが粉っぽくなり浮いてくる


なんてこと、ありませんか?
1日中ヨレや粉浮きを気にせず、しっとり美肌で過ごす秘訣をご紹介します。

実は逆効果?乾燥しやすい肌のスキンケアあるある

カサつき対策の第一歩といえば、保湿ですよね。でも間違ったお手入れで、かえって肌が乾燥しているケースがあります。当てはまっていたら、ぜひ見直してみてください。

ミスト化粧水でこまめに水分補給

日中のメイク直しやリフレッシュに便利なミスト化粧水ですが、それ単体ではすぐに蒸発してしまいます。メイクの上から水分補給するより、メイク前の保湿を重視しましょう。

乳液やクリームばかりたっぷり使う

油分を多く含む乳液やクリームは、肌の上に保護膜をつくります。乾いた空気から肌を守ったり、キメの乱れをなめらかに整えたりと、カサつき対策には欠かせませんよね。ただし油分に偏ったケアをしてしまうと、肌の内部*は乾燥したまま…。

まずは化粧水で、水分をしっかり補いましょう。その水分を保湿美容液で内部*に蓄えてから、乳液やクリームで保護すると、時間がたっても乾燥しにくくなります。

* 角質層

保湿の次はファンデーションの見直しを

ファンデーションは主に、粉体・油分・水分でつくられています。この割合の違いで、使用感や仕上がりにも違いがでます。

パウダーファンデ

粉体の割合が多いので、皮脂を吸収する力が強め。乾燥する季節は肌になじみにくく、粉っぽさを感じることがあります。

リキッドファンデ

水分と油分の割合が多く、うるおいとツヤのある仕上がりに。ただし量の加減が難しく、つけすぎると崩れやすくなります。また仕上げのお粉(パウダー)のつけすぎは、カサつきにつながるので気をつけてくださいね。

クッションファンデ

リキッドのようなうるおい・ツヤに加えて、サラサラ感をあわせ持つのが特徴です。仕上げのお粉は皮脂で崩れやすい部分だけ、サッとつける程度でOKです。化粧下地いらずで、スポンジでポンポンするだけの手軽さも魅力。重ねづけしてもヨレにくいので、カバー力が調整しやすいですよ。

四季がある日本は、1年の中で気温や湿度が大きく変化します。季節に応じて、ファンデを使い分けてみるのもいいですね。

おすすめアイテムのご紹介

PURE’D 100 PERFECTION クッションファンデーション モイスト

SPF50+ PA+++
ライトベージュ01(明るめの肌色)/ナチュラルベージュ02(自然な肌色)


肌本来の美しさを引き出すスキンケアシリーズ「PURE’D 100」から登場したクッションファンデ。保湿力にこだわった処方で、しっとりと肌にフィットします。

スキンケア級のうるおいをIN

PURE’D 100の美容液や乳液にも使われる保湿成分を厳選。コラーゲン*1、ヒアルロン酸*2、セラミド*3を始め、肌の水分バランスに着目した独自成分「スキン バイオ フルイド*4」などを配合しています。肌をすこやかに保ち、みずみずしさが続く肌に。

うるおいを逃さないモイスチャーネット処方

水分を抱き込んだ繊細なネットが、肌表面にベールをかけて乾燥から守ります。

美しい仕上がりが続く機能性パウダー

光の散乱率を高めて自然な明るさを演出するパウダーと、メイク崩れを防ぐパウダーを配合。メイクしたてのような、つややかな肌をキープします。

リキッドのフィット感と、パウダーの手軽さを兼ね備えたクッションファンデ。乾燥を忘れるような、見ても触れても美しい肌を仕込みませんか?

*1 加水分解コラーゲン(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミドNP(保湿成分)
*4 スフィンゴ糖脂質、リン脂質、コレステロール、アルギニン、セリン、スクロース、PCA、シトルリン、グリコーゲン、ヒスチジンHCI、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシンHCI(すべて保湿成分)