“ちりつも紫外線”にご用心!守りながらキレイに魅せる休日の肌づくり
  • すっぴん
  • 紫外線
  • 日焼け止め
  • パウダー

「メイクするよりすっぴんのほうが肌にいい」と誤解していませんか?家の中で過ごすときでも、肌は刺激要因に囲まれています。“すっぴん以上メイク未満”で肌を刺激から守るコツと、おすすめアイテムを紹介します。

家でのんびり巣ごもりする休日。「なるべく肌を休ませたい」と、すっぴんで過ごしていませんか?実は何も塗らないでいるほうが、肌のエイジングを進めてしまうことが…。“すっぴん以上メイク未満”の軽やかな肌づくりで、ハリと明るさを守りましょう。

しらずしらず受けやすい2つの刺激

すっぴんの敵は、紫外線(UV-A)ブルーライト。浴びたことに気づきにくいのがやっかいなんです。

奥までじわじわ入り込むUV-A

紫外線(UV-A)は厚い雲をすり抜けて、窓ガラスも通過することがあります。家の中まで差し込んで、肌の奥まで到達することも…。すると、ハリのもとになるコラーゲンにダメージを与えてしまいます。

また洗濯物を干したりゴミを出したりと、外に出るシーンは意外とあるものですよね。少しずつ浴びた紫外線ダメージが「ちりつも」になって、ハリの低下につながることがあります。

日焼け止めはスキンケアの一環として、毎朝の習慣にしてしまいましょう。

スマホやPCのブルーライト

ブルーライトはテレビやLED照明、日差しにも含まれる可視光線。目だけではなく、肌の細胞やコラーゲンにもダメージを与えると言われています。紫外線だけでなく、ブルーライトも防ぐ日焼け止めを選ぶと心強いですね。

日焼け止めをムラなく塗るポイント

日焼け止めの効果を最大限に引き出すには、使用量が重要です。パッケージに記載されているおすすめ量を目安に、「ちょっと多いかな?」と思うぐらいでちょうどいいですよ。顔全体に塗った後、シミができやすいほお骨あたりに重ね塗りすると◎です。

パウダーをプラスして魅せながら守る

日焼け止めの上にルースパウダーを重ねれば「ちょっとそこまで…」の外出も安心。毛穴や小ジワをふんわりぼかして、「すっぴんがきれいな人」を演出してくれます。パウダーの粉体が、紫外線をはね返す効果も期待できます。

日焼け止めとパウダーでつくる“すっぴん以上メイク未満”の肌で、守りながらキレイに。おうち時間を心地よく過ごしてくださいね。

メイクする日もしない日にも!おすすめアイテムのご紹介

ステファニーサンブロックルーセントパウダー((ケース・パフ&リフィル)(別売))

SPF30 PA+++

ベースメイクの最後に使って、透明感のある美肌に仕上げるプレストパウダー。ファンデを塗らないときでも使える、頼れる多機能パウダーです。

くすみもクマもカバー

ブルー・ピンク・イエロー・オレンジ・パープルのパウダーが、肌の赤みやくすみ、色ムラなどを補整。肌悩みをカバーします。
(※メイク効果によるものです)

SPF30・PA+++で紫外線をブロック

パフで何度でもカンタンに付け直せるので、しっかり紫外線対策できます。

テカリを防いでメイクを崩さない

機能性パウダーが皮脂を吸収し、サラサラ肌に。

※炭酸ca

ブルーライトも防ぐ日焼け止めのご紹介

デイスキンシールド

SPF50+ PA++++

国内最高クラスの紫外線カット効果(SPF50+、PA++++)をもつ日焼け止め。ブルーライト※1と大気の汚れ※2からも肌を守る原料を使用しています。セラミド※3やヒアルロン酸※4、植物由来オイルなどの保湿成分を豊富に配合。紫外線吸収剤は不使用で、スキンケア感覚で使えます。

※1 カカオ種子エキス
※2 エクトイン
※3 セラミド3
※4 ヒアルロン酸Na