落として「うるおう肌」になる!洗顔から始める乾燥対策
  • 洗顔
  • うるおい
  • 角質

「乾燥するからなるべく洗顔料は使わない」という人はいませんか?実は汚れをきちんと落とさないと、乾燥肌に拍車がかかることがあります。洗顔はスキンケアのファーストステップ。余分な皮脂や古い角質をスッキリ落としてうるおいは守る、洗顔のコツを紹介します。

乾燥が気になってくると、美容液やクリームなどの「与えるケア」に目がいきますよね。でも「落とすケア」も丁寧に行うと、肌のうるおいや明るさに差がつきます。毎日の洗顔を見直してみませんか?

洗顔で自らうるおう肌をはぐくむ!?

洗顔料の役割は、古い角質や皮脂、ほこりなどの汚れを落とすことです。これらの汚れがニキビや肌荒れの原因になることは、よく知られていますよね。

さらに古い角質は、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を遅らせる原因に。肌のうるおいはターンオーバーの過程でつくられるため、そのサイクルが遅くなると乾燥につながります。

洗顔料で古い角質をきちんと落とせば、後からつけるスキンケアのなじみがアップ。ターンオーバーをさまたげず、適度なうるおいを留める肌を保てます。汚れによるくすみが取れて、透明感もでますよ。

どっちが正解?洗顔のギモン

毎日のことだから、なんとなく自己流で行いがちな洗顔。まずは気になるギモンを解決しましょう。

クレンジングの後は洗顔する?しない?

一般的なクレンジングは、油性のメイク汚れを落とすことを目的にしています。クレンジングだけでは古い角質が落とせないので、洗顔料を使ってダブル洗顔しましょう。肌に残ったクレンジングの油分を落とすためにも必要です。

ただし「ダブル洗顔不要」のクレンジングもあるので、説明書をチェックしてみてくださいね。

朝はぬるま湯洗顔だけでOK?

朝の肌には、寝ている間にかいた汗や皮脂がついています。ぬるま湯だけでも汗やほこりは落とせますが、皮脂や古い角質が残りがち。メイクのりも悪くなるので、どうしても乾燥する人以外は、洗顔料で洗うのがおすすめです。

洗顔後のつっぱり感が気になるときは、保湿成分が豊富な洗顔料を選んでみましょう。肌のうるおいを守りながら洗うことができます。

肌を乾燥させない洗顔の5ステップ

洗顔料をよく泡立てて、肌をこすらないこと、時間をかけすぎないことが大切です。泡をのせたら、すすぎも含めて1分半を目安に洗ってみてください。

1.顔をぬるま湯で予洗いしたら、石けんやハンドソープで手を洗います。手の汚れを落としておくと、洗顔料の泡立ちがよくなります。

2.皮脂が多いTゾーンから泡をのせて洗い始めます。鼻筋や小鼻などの細かい部分は、指先でクルクル円を描くように洗いましょう。

3.頬やあごのUゾーンは、泡を転がすようなイメージで、なるべく手が肌に触れないように洗います。

4.皮ふが薄く乾燥しやすい目元・口元は、泡でサッとなでる程度でOKです。

5.ぬるま湯で十分にすすぎ、清潔なタオルで水分を吸い取ります。このときも、肌をこすらないように気をつけてくださいね。


洗顔後は皮脂が洗い流されているので、肌の水分がどんどん蒸発していきます。なるべく早く保湿ケアにうつって、うるおいをチャージしましょう。

おすすめアイテムのご紹介

WORLD ONE モイスチャークリアソープ 120g

約50%以上がうるおい成分でつくられたソープ。ターンオーバーを遅らせる余分な汚れをスッキリ落としながら、うるおいは残してしっとりと洗い上げます。

古い角質を残さない

植物由来のAHA「ブドウ果汁発酵液*」が、硬くなった古い角質をやわらげてくれるので、肌をこすらなくても優しく落とせます。

毛穴の汚れまで除去

多孔質の「微粒子炭*」が、毛穴の奥の汚れを吸着して除去します。

洗顔はスキンケアのファーストステップ。うるおいの受け入れ準備を整えて、しっとりなめらかな美肌を育みませんか?

* 整肌成分